有料アダルト動画

有料アダルト動画

有料アダルト動画

アダルト動画は、英語で言えばアダルトビデオですので、

 

アダルト動画とアダルトビデオは同じことのようですが、

 

日本ではかなり印象が異なります。

 

具体的には、インターネットによる動画配信サービスが普及する以前の

 

VHSテープやDVDなどの媒体によるものをアダルトビデオと言い、

 

インターネット上のアダルト映像が一般にアダルト動画と呼ばれます。

 

それでは、有料アダルト動画を今まで以上により深く楽しむために、

 

原点であるポルノについてさらに掘り下げたいと思います。

 

ポルノの歴史

 

1968年に、アメリカの民主党のジョンソン大統領が

 

「猥褻とポルノに関する諮問委員会」を設置し、そこでポルノ解禁問題をはかりました。

 

性はというのは、人間の根源部分にかかわる問題です。

 

また、性は、哲学的探求、文学、芸術などの対象になります。

 

その表現形態の一つとして、性的興奮を起こさせることを目的としたポルノがあります。

 

日本においては、わいせつ物頒布罪(刑法175条)があります。

 

この法律では、性的興奮を起こさせる表現のうち、

 

通常人の羞恥心を害し、善良な性的道義観念に反するものが、

 

わいせつ表現として規制されています。

 

このことから、性器描写にはモザイク処理が施されています。

 

もちろん、わいせつな表現であっても、思想性や芸術性の高い場合は、

 

法的規制の対象から外れるのではないかという議論が度々起きています。

 

また、刑法175条を廃止すべきとする批判もあります。

 

中には裁判にまで発展した事例があります。

 

例えば、問題となったわいせつな小説には、

 

伊藤整翻訳のD・H・ロレンス「チャタレイ夫人の恋人」や澁澤龍彦翻訳のマルキ・ド・サド「悪徳の栄え」があります。

 

また、映画の場合は、日活ロマンポルノ事件や、

 

1965年の武智鉄二監督の「黒い雪」や、大島渚監督の「愛のコリーダ」があります。

 

その中で、大島渚監督は著名な知識人を多数動員することで裁判に勝訴しています。

 

つまり、ポルノにおける線引きはかなり難しいということがこの一件から分かります。

 

このように、昭和40年代において性の自由化が喧伝され、スウェーデンのポルノグラフィ写真の露骨さが話題となった折に、

 

ポルノグラフィという言葉が一般に知られるようになりました。

 

このため、エロとポルノの言葉の使い分けがしばらくの間行われ、

 

ポルノはエロの要素を即物的に描写したものと見なされました。

 

また、デンマークが1969年にポルノの検閲を廃止した最初の国になり、

 

ポルノは合法化され、店頭で販売されて非常に高い人気となりました。

 

また、1969年には、アメリカの画家・版画家・芸術家でポップアートの旗手である

 

アンディ・ウォーホルによるブルーフィルムが、アメリカの映画館で広く上映されました。

 

※ブルーフィルムとは、露骨な性行為の場面を写したわいせつな映画のことです。

 

アンディ・ウォーホルの映画は、明快なセックスを描いたアダルト映画であり、

 

アンディ・ウォーホル自身が、ポルノの黄金時代における独創的な映画であると語りました。

 

アンディ・ウォーホルの映画は、マーロン・ブランド、マリア・シュナイダー出演のフランス映画「ラスト・タンゴ・イン・パリ」の製作に大きな影響を与えることとなり、「ラスト・タンゴ・イン・パリ」はブルー・フィルム発表の数年後にリリースされました。

 

また、フランスでは、ソフトコア・ポルノの映画「エマニエル夫人」や「O嬢の物語」が製作されました。

 

この中でも特に「エマニエル夫人」はフランスと日本の両国において、女性客が鑑賞するヒット作となりました。

 

日本では、1971年から日活がロマンポルノを制作しました。

 

また、東映も東映ポルノを発表しました。

 

ポルノの視聴はここ数十年に大きく増加しており、

 

特に、1990年代後半からのインターネットポルノの成長が大きく寄与しています。

 

そして2010年代には、多数のポルノ制作会社やポルノのトップクラスのWebサイトである

 

PornHubやRedTubeなどが大手に買収され、ポルノ産業の発展を促進することとなりました。

 

ポルノの定義

 

性的興奮を喚起させる映像と言われるものが他の性的嗜好を持つ人々にとって同様の意味を持つとは限りません

 

つまり、ポルノと非ポルノの境界は非常に曖昧です。

 

けれども、一般的には、

 

・性的興奮・刺激を誘発する
・性描写を含む
・自慰行為に利用される

 

という特徴を持つものをポルノと言います。

 

一方、フェミニズムにおいては、ポルノが女性差別と関連付けて論じられ、

 

例えば、週刊誌のグラビアなども、女性の身体を性的な客体として描く女性差別的な表現と見なされます。

 

また、フードポルノのように、直接性的なものではなくても、不自然に性的興奮を煽るものもあります。

 

男性向けポルノと女性向けポルノ

 

男性向けのポルノには、実写のエロ本からアダルトビデオまで、多様なジャンルがありますが、

 

女性向けのポルノには、実写よりも漫画の形態が好まれ、

 

レディースコミックやティーンズラブ、ボーイズラブというジャンルがあります。

 

レディースコミックやティーンズラブでは男女間の異性愛が描かれるのに対し、

 

ボーイズラブでは男性同士の同性愛が描かれ、

 

さらに、ボーイズラブ系の作家に、男同士の恋愛関係を男女の関係に置き換えて執筆して欲しい

 

と依頼する形でのレディースコミックやティーンズラブのジャンルもあります。

 

描写内容の観点で言うと、男性向けポルノでは基本的に女性の身体をエロティックに表現した性感に関する描写が多いのに対して、

 

女性向けポルノのレディースコミックでは、愛があるかどうかなど、セックスに関する不安や不満といった細かな心理描写が重視されます。

 

もちろん、女性がポルノを楽しむのは自由です。

 

グラビアアイドルの真島なおみは、ゴッドタンでアダルトビデオ(AV)を楽しんで見ていることを告白し、

 

「女性がAVを見るようになったのはいい時代だと思います。」

 

と述べています。

 

日本のアダルトビデオと世界のポルノ

 

日本国内のアダルトビデオでは、モザイクを用いた自主規制により、結合部を見せることが違法となっています。

 

一方、洋モノ、つまり、世界のポルノグラフィは結合部を見せるものであって、

 

この点でかなりの相違があります。

 

このことは非常に有名ですが、実はもう一点、大きな違いがあります。

 

特に、アメリカでは嫌がる女性の性行為を見せることはご法度となっています。

 

このことを表現するために、アメリカのポルノでは性行為中に女性がYESと声を出す作品がたくさんあります。

 

また、アメリカを市場とするヨーロッパ制作のポルノでは、この表現がフォーマット化されています。

 

そして、日本市場向けの洋モノ作品であるジャポルノは、日本フォーマットで製作されています。

 

ポルノ擁護論

 

ポルノ批判論として、ポルノは社会秩序を乱しかねないため規制・取締りを行うべきだとする主張があります。

 

一方、リベラリズムや中道左派にはポルノ規制は表現の自由に対する侵害であるというポルノ擁護論があります。

 

他方、反ポルノ活動家フェミニストのキャサリン・マッキノンは、個人的見解から規制運動を行いましたが、

 

アメリカの合衆国憲法違反であり、一時的に法案が成立しても違憲訴訟で無効となりました。

 

※マッキノンの主張は、ポルノは単なる表現ではなく女性が男性に隷属する構造を構築する行為であるため表現の自由による擁護の対象にはならないというものでした。

 

※マッキノンはミネアポリスやインディアナポリスでポルノ規制の条例を議会で通過させ、道徳主義的な立場からポルノ規制を目指すグループと手を結ぶこともありました。しかし、ミネアポリスの条例は市長が署名を拒否したため「廃案」となりました。インディアナポリスの条例は市長の署名を経て一旦成立したものの、違憲訴訟が行われ、アメリカ書籍業協会対ハドナット裁判で合衆国連邦裁判所によって違憲判決が出されて無効となりました。

 

フェミニストの中には、既存の性秩序への破壊力をポルノに認めた上でポルノ一般に寛容な立場もあり、

 

ポルノの規制は公権力の介入によって表現の自由が制限されることが問題であるとしています。

 

加えて、猥褻表現と芸術表現の境界をどう判断するべきかという問題があります。

 

これに対し、大島渚監督は「猥褻で何が悪い」と裁判で主張し、芸術と猥褻を区別すること自体に大きな誤りがあることを指摘しました。

 

また、ポルノ規制が女性の性的嗜好の多様性を否定するものであるという主張もあります。

 

ポルノのジャンル

 

ポルノのジャンルを媒体により分類すると、以下のようなものがあります。

 

映画・ビデオ

ポルノ映画、東映ポルノ、日活ロマンポルノ、ピンク映画、アダルトビデオ、アダルトアニメ、裏ビデオ、深夜アニメ

 

インターネット

アダルトサイト、戦争ポルノ

 

出版

性愛文学、官能小説、ジュブナイルポルノ、成人向け漫画、お色気漫画、レディースコミック、ティーンズラブ、ヌード写真、春画、裏本

 

ゲーム

アダルトゲーム、美少女ゲーム、乙女ゲーム、ボーイズラブゲーム、百合ゲーム

 

有料アダルト動画おすすめサイト

 

有料アダルト動画おすすめサイトには、

 

「FANZA」などいろいろおすすめがありますので、

 

順次紹介していきたいと思います。

 

【目次】
ポルノ映画
世界のポルノ映画
日本のポルノ映画
アダルトビデオ
有料アダルト動画←有料アダルト動画おすすめサイトはこちら。

page top