世界のポルノ映画

世界のポルノ映画

黎明期の世界のポルノ映画

 

ポルノ映画の歴史は、一般の映画と同程度に長く続いています。

 

パトリックロバートソンのFilm Factsでは、以下のように解説されています。

 

最初期のポルノ映画は、A L'Ecu d'Or ou la bonne aubergeです。

 

この映画は、1908年にフランスで製作されました。

 

宿屋の使用人の女の子と逢い引きの約束をする疲れきった兵士の物語です。

 

しかし、ロバートソンは、アルゼンチンのポルノ映画El Satarioの方が、より古い可能性がある点にも言及しています。

 

この映画は、1907年から1912年の間に製作されたことが分かっています。

 

また、ロバートソンは、最古のポルノ映画は、アメリカのキンゼイコレクションに含まれていると述べています。

 

こういった古典的ポルノ映画において、ポルノの慣習的なお約束が、いかに早く確立されたかが分かります。

 

例えば、1910年の10分間のドイツ映画Am Abendでは、寝室で一人マスターベーションをする女性のシーンで始まり、男性とのセックス、フェラチオ、アナルセックスのシーンへと進んでいきます。

 

ポルノ映画は、1920年代のサイレント映画時代に、多くの売春宿で上映されました。

 

そして、多数のポルノ映画が数十年間に製作されましたが、

 

撮影と配布が秘密裏に行なわれたため、詳細を知ることは難しい状況にあります。

 

また、アメリカでは1934年に、性描写や暴力表現を制限するヘイズ・コードが制定されたため、一切の性的表現ができなくなりました。

 

しかも、1950年より以前に製作されたポルノ映画の多くは、永久に紛失されたと言われています。

 

1960年代から1970年代の世界のポルノ映画

 

1960年代には性的描写の取り組み方が変わってきました。

 

例えば、『私は好奇心の強い女』(1969年)や『愛の言葉』(1969年)といったスウェーデン映画には、

 

かなりきわどい性描写がありました。

 

けれども、性描写の法的な位置付けを曖昧にするために、

 

これらの作品は擬似ドキュメンタリーとして作られました。

 

そして、1969年に、デンマークがハードコアポルノを合法化しました。

 

これにより、『Bordellet』(1972年)、『Jomfruens tegn』(1973年)などの

 

劇場用長編セックスコメディ映画が製作されました。

 

これらの映画にはハードコアシーンがありますが、一般の俳優が出演し、

 

ポルノ映画として認識されていません。

 

1970年代には、法規制が緩和されていきました。

 

アメリカや他の多くの国では、

 

「XXXレート(本格的ポルノと評価された映画)」の上映が許可されました。

 

1970年代の有名なアメリカのハードコア映画には、

 

ジェラルドダミアーノ監督の『ディープスロート』(1972年)、『グリーンドア』(1972年)、『ミスジョーンズの背徳』(1973年)、

 

ラドリーメツガー監督の『ミスティ・ベートーベン』(1975年)、『デビー・ダズ・ダラス』(1978年)

 

などがあり、映画館に上映されました。

 

特に、ニューヨークでは『ディープスロート』が評判となり、世の中に広く受け入れられました。

 

ここから、「Porno chic(おしゃれポルノ)」という言葉が生み出され、

 

文化的な趨勢として認められました。

 

日本では、真面目な芸術作品として、

 

大島渚監督、松田英子と藤竜也が主演の『愛のコリーダ』(1976年)があります。

 

1980年代の世界のポルノ映画

 

 

 

 

 

 

 

1970年代後期から1980年代初期にかけての家庭用ビデオテープレコーダの普及でポルノ映画産業は飛躍的な成長を遂げ、ロン・ジェレミー、クリスティ・キャニオン、ジンジャー・リン、ジョン・ホームズ、トレイシー・ローズなどのアダルトスターや、グレゴリー・ダークのような有名監督を生み出した。視聴者は、快適な自宅で内密にポルノを観賞できるだけでなく、特殊な妄想やフェティシズムを満たす選択肢もより広がった。

 

同様に1980年代のカムコーダの普及はポルノの変化に拍車をかけた。人々は個人的な使用、あるいは広く配布するために、自分自身でアマチュアセックス映画を製作することができるようになった。

 

当時、アダルトビデオ業界が技術的に優れたソニーのシステムの代わりにVHSを選んだため、ベータマックスがVHSとの規格争いに敗れるという一幕があった。

 

1990年代の世界のポルノ映画

 

 

 

 

 

1990年代には2つの顕著なテクノロジーが、ポルノ映画を変化させた。

 

DVDはより高品位の画質と音質を提供し、主なハリウッドスタジオや民間消費者に受け入れられたのと同様に、ポルノ製作者たちにも熱心に受け入れられた。DVDはユーザーに変化に富んだ複数のカメラアングルと結末、あるいはコンピュータ専用の内容を選ばせる「双方向」ビデオのような革新を可能にした。

 

インターネットはそれ以前のいかなるテクノロジーよりもポルノの配布を激変させた。アダルトショップや通信販売を通して映画を注文しなくとも、人々は自分のコンピュータでポルノ映画を観賞することができる。商品の到着を待つことなく、数分または数秒でポルノ映画をダウンロードすることができた。ただしインターネットの普及により、違法な猥せつ物に対する規制も困難となった。

 

ビブ・トーマス、ポール・トーマス、アンドリュー・ブレイク、アントニオ・アダモは、1990年代の著名な監督である。

 

1998年、オスカーにもノミネートされたことのあるデンマークの映画製作会社ツェントローパ(Zentropa)は映画『Constance 』を製作し、公然とハードコアポルノ映画を製作する世界初の主流映画会社となった。

 

同年、ツェントローパはラース・フォン・トリアー監督による『イディオッツ (Idioterne) 』を製作した。これは多くの国際的な賞を獲得し、カンヌ国際映画祭でもパルム・ドールにノミネートされた。映画は、勃起した男性のシャワーシーン、乱交パーティーでの性器挿入のクローズアップシーンを含んでいる。『イディオッツ』は例えばロッコ・シフレディが出演したカトリーヌ・ブレイヤの『ロマンスX』と同様に、露骨な性的イメージを呼び物にする一般映画の世界的な波を起こした。

 

1999年、デンマークのテレビチャンネル、カナル・ケーベンハウンは夜間のハードコア映画放映を開始した。暗号化されておらず、コペンハーゲン地域のいかなるテレビ受像機でも視聴が自由であった(2008年現在、ツェントローパが設立した会社、イノセント・ピクチャーズの好意により、これはまだ続いている)。

 

2000年代の世界のポルノ映画

 

 

 

 

 

イギリスでは、ポルノに対する検閲はより緩和された。今日、イギリスでのポルノ映画製作や出演は違法ではない。2005年から、露骨な性的内容の映画が全国テレビで放映されている。チャンネル4でラース・フォン・トリアーの『イディオッツ』が上述の露骨なシーンにもかかわらず無検閲で放映された。

 

2000年代初め、イーオン・マッカイ (Eon McKai) はサブジャンルである「オールト・ポルノ(alt porn - オルタナティブ・カルチャーを反映した、型にはまらないポルノ)」映画製作者の旗手の1人であった。また2004年には、マイケル・ウィンターボトム監督がマルゴ・スティリー主演で「9Songs(9ソングズ)」を制作した。

page top