ポルノ映画

ポルノ映画

ポルノ映画とはそもそも何なのか?

 

ポルノ映画というのは、映像媒体のポルノグラフィのことです。

 

ポルノグラフィとは、フランス語でPornographieと書きますが、辞書(ウェブスターの国際辞典)を引くと、

 

>性的興奮を起こさせることを目的とした
>エロチックな行為を
>(文章または絵などで)表現したもの

 

と定義されています。

 

また、ポルノグラフィの語源は、

 

ギリシア語のπορνογραφια(pornographia)だという説があり、

 

これをオックスフォード英語辞典で調べると、writing of harlotsと書かれいます。

 

writing of harlotsを直訳すると、harlotの和訳が売春婦ですので、

 

売春婦の行為に関する文章や絵という意味になります。

 

ところが、一般には、1850年前後にイギリスで作られた言葉であるとも言われています。

 

実際、オックスフォード英語辞典の用例の文献の初出を見ると、1857年となっています。

 

ポルノグラフィが日本に伝わると、日本では略称としてポルノと呼ばれるようになりました。

 

ポルノは、語源からも分かるように、最初は小説などに対する呼称でした。

 

その後、拡大解釈され、「性的な興奮を起こさせること」を目的とした表現であれば、

 

写真、映画、ビデオ(動画)といった媒体を問わずに、

 

ポルノと総称されるようになりました。

 

また、日本では性具(大人のおもちゃ、アダルトグッズ)を売る店をポルノショップと呼ぶことからも分かるように、

 

広義にはそのような物品も含めてポルノと言います。

 

ポルノ映画は、世界的には成人映画とほぼ同義で、ポルノビデオ(アダルトビデオ)もこれに含まれます。

 

けれども、日本においてはより狭い意味で使われることが多く、性行為を収めた映画をポルノ映画と言います。

page top